反社会的勢力への対応にかかる基本方針

反社会的勢力への対応にかかる基本方針

弊社は、適切かつ健全な運営を行うにあたり、平成19年6月19日犯罪対策閣僚会議幹事会において決定された「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」等を遵守いたします。
反社会的勢力にたいして断固たる態度で対応し、関係性の一切を遮断するために、以下の通り「反社会的勢力への対応にかかる基本方針」を定めます。

1.販売を含めた一切の関係性遮断

弊社は、反社会的勢力排除に向けた「社会的責任」、および反社会的勢力により弊社、役員、社員および顧客等が受ける 「被害防止の重要性」を十分認識し、反社会的勢力とは、取引関係を含めた一切の関係性を持ちません。 また、反社会的勢力による不当な要求は全て断固として拒絶します。

2.組織としての対応

弊社は、反社会的勢力に対して、従業員の安全確保を組織的に行うことで、全ての要求を断固として拒否できるよう行動します。

3.裏取引や資金提供の禁止

弊社は、反社会的勢力に対して、資金提供や事実を隠蔽するための不適切・異例な便宜供与を一切許可せず、これを退けます。

4.外部専門機関との連携

弊社は、反社会的勢力への対応について、常に適切な助言・協力を得ることができるよう、平素より警察、全国暴力追放運動推進センター、弁護士などの外部専門機関等との連携強化を図ります。

5.有事における民事および刑事の法的対応

弊社は、反社会的勢力からの不当要求等に対しては、民事と刑事の両面から、積極的に法的対応を行います。